セラピストnao

腸心セラピスト nao

一般社団法人日本腸心セラピー協会 認定セラピスト

不登校生徒の家庭教師として、授業とカウンセリングの両面を行い、学校復帰させるなど、一定の成果を出す。
一方、様々な経験から、「トラウマを解消する」ことに対する、単なるカウンセリングの限界を感じる。
そんな折、自身の興味から偶然、腸心セラピー®に出会い、その即効性・有用性に驚き、自らも腸心セラピストを志す。

都内在住。1970年生まれ。学習院大学卒。夫と二人暮らし。

過去と過去生ー地獄のような体験を経て

今生、私自身は親からの虐待や家庭不和、不登校、摂食障害、度重なる家族の自殺、若くしての経験した病気、数々のパワハラによる職場不適応、ギリギリの貧困生活etc. ありとあらゆる苦しみを経て、それを一つ一つ心理学やスピリチュアル(特定の宗教ではなく、宇宙には真理(法則)がある、と私は幼いころから考えてきました)と照らし合わせ学び、納得し、(自分の捉え方、即ち周波数を変えることで)乗り越えてきました。顕在意識では自分自身の―特に幼少期の地獄のような―人生に納得して、糧にさえし、癒されているはずでした。

多くの心理的葛藤を乗り越え、既に幸福であるはずの自分でしたが―ある時期、ふつふつと「自分自身の中に”まだ”恐怖(のエネルギー)が火種のように残っている!」と感じ、そんな時、偶然に受けたのが(物理的な「腸」を改善するセラピーと勘違いしたのです!)「腸心セラピー®」だったのです。
そこで知った「過去生」では、戦争や(正義のための)闘い、あるいは宗教弾圧へのレジスタンスに明け暮れ、そのこと(”闘い”のエネルギー・カルマ)が、今世にも影を落としていたのだと、改めて思い知らされました。
その「癒し」がきっかけとなり、最後まで私に残っていた底知れぬ(人間への)「恐怖」が完全に消失したのです。

皆さんも「腸心セラピー®」(や、私自身が効果に納得し自信を持ってご提供する他のセラピー)を通して、自身の傷ついてきた過去(&知る由もなかった過去生)の痛みが昇華する(潜在意識が癒される)ことで、想像のつかぬ明るい「未来」が待っていると楽しみにお越しください。
(ご存知の方も多いと思いますが、地球人類の多くが、この「癒しの時期」に入っています)

私でも出来たのですから、絶対に大丈夫ですよ。

(最後に、現在の私に通じる、幸福な)過去生の話を少し…

尊敬するスピリチュアリスト・サッチー亀井氏のアカシックナンバー鑑定によると、私には古代ギリシャに存在した(医学の神として知られる「アスクレーピオス」を祀り、人々を治療した神殿)「アスクレペイオン」にて、神官医師として任務を全うした人生が、あります。

当時の医師は、「変性意識状態」を利用し(いわば「宇宙」「あの世」との橋渡しを行い)、本来の自己を思い出させ、「魂」の観点から、人を癒したのです(現在の医療に、決定的に欠けており、本来、必要不可欠な姿勢ではないでしょうか)。

この仕事をスタートするとき、何の不安もなく、むしろ「これが私の仕事だ」と強く、感じたのには、こうした理由があるのかも知れません。